普通に使ってもつまる

トイレは普通に使っていてもつまります。大なら大を、小なら小を選んで利用していたとしても、長期間利用していれば不具合が起こるのは当然と言えるでしょう。そこで重要になるのが、専門業者に依頼するのか、自分で直すのかという点です。

ラバーカップ軽度のつまりであるなら、自分でラバーカップを購入してつまりを直すこともできますが、軽度かどうかを見極める判断基準がわからないかたも多いと思います。つまりの度合いを見極めるためには、水位に注目してみてください。

ゆっくりと水の量が少なくなっていっているのなら、紙類や何かしらの異物がトイレのつまりを引き起こしていることが考えられますし、割と浅い位置でつまっていると判断できます。しかし、少し待ってみてもまったく水位が変わらないようでしたら、ラバーカップをいくら使用してもつまりを直すことは難しくなってしまうでしょう。

過度にラバーカップで便器の奥を押し続けてしまうと、便器が破損してしまい過剰に費用がかかることにもなりかねませんので、素直に修理してくれる業者に連絡してください。排水管の老朽化などもトイレのつまりにおける原因として考えられますので、素人ではどうにもできない問題と言えるでしょう。普通に利用していてもつまってしまうことはありますので、つまりの度合いを冷静に見極めて適切な対応を心がけてください。

【参照HP】水道救急センター_トイレつまり業者依頼