普通に使ってもつまる

トイレは普通に使っていてもつまります。大なら大を、小なら小を選んで利用していたとしても、長期間利用していれば不具合が起こるのは当然と言えるでしょう。そこで重要になるのが、専門業者に依頼するのか、自分で直すのかという点です。

ラバーカップ軽度のつまりであるなら、自分でラバーカップを購入してつまりを直すこともできますが、軽度かどうかを見極める判断基準がわからないかたも多いと思います。つまりの度合いを見極めるためには、水位に注目してみてください。

ゆっくりと水の量が少なくなっていっているのなら、紙類や何かしらの異物がトイレのつまりを引き起こしていることが考えられますし、割と浅い位置でつまっていると判断できます。しかし、少し待ってみてもまったく水位が変わらないようでしたら、ラバーカップをいくら使用してもつまりを直すことは難しくなってしまうでしょう。

過度にラバーカップで便器の奥を押し続けてしまうと、便器が破損してしまい過剰に費用がかかることにもなりかねませんので、素直に修理してくれる業者に連絡してください。排水管の老朽化などもトイレのつまりにおける原因として考えられますので、素人ではどうにもできない問題と言えるでしょう。普通に利用していてもつまってしまうことはありますので、つまりの度合いを冷静に見極めて適切な対応を心がけてください。

【参照HP】水道救急センター_トイレつまり業者依頼


節水は節約にならない

最近では、トイレで使用する水の量を節約するご家庭も増えています。頻繁に利用するものですので、その都度発生する水道料金を少しでも減らしたいと考えるのは、当然のことだと言えるでしょう。しかし、トイレの節水は必ずしも節約効果があるとは言えません。節水が原因となって、トイレがつまってしまう可能性が考えられるからです

トイレトイレにあるタンクにペットボトルを入れて、一度に流す水の量を減らすのは代表的な節水アイデアと言えますが、トイレ本来の機能を妨げているアイデアとも言えるでしょう。トイレはタンクに貯められている水を放出して便器内を流す仕組みになっていますので、放出する水の量が少ないとうまく流れ切ってくれないこともございます。

結果として複数回に及んで水を流さなくてはいけなくなりますし、タンク内にペットボトルを入れるとタンクを傷つけてしまったり、水が止まらなくなったりするトラブルを引き起こすこともあるのです。

専門業者に依頼して節水型便器に取り換えるのなら問題ありませんが、タンクにペットボトルを入れる節水法や、トイレの元栓を自分でいじる方法はあまりオススメできませんので、本来の使用方法のまま利用したほうが良いでしょう


流し過ぎはNG

トイレがつまる代表的な原因として、トイレットペーパーの使用量が挙げられます。あまりにも大量のトイレットペーパーを一度に流してしまうと、何度流しても流れてくれない事態に陥ることもあるでしょう。

トイレットペーパートイレの排水管は、S字型のようなカーブを描いています。便器の奥に流れたあと、一度水の勢いに乗じて排水管を登り、また降っていく形になっているのですが、流すペーパーの量が多いと最初のカーブを登り切れず、水がトイレットペーパーと一緒に逆流してきてしまうことから、トイレのつまりを引き起こすのです。

また、排泄物の量も当然ですが毎回一定ではありません。排泄物の量が多いと使用するトイレットペーパーの量も多くなりますし、トイレのつまりを引き起こす原因となります。これらの対処法として、排泄物とトイレットペーパーを同時に流さないクセを付けることが大切です。少量の排泄物とトイレットペーパーならつまる可能性は低くなりますが、二回に分けて流したほうが安全だと言えるでしょう。

お掃除用シートを大量に流したり、トイレに流してはいけない物を流してしまったりしてもつまりの原因になりますので、トイレットペーパーの流し過ぎと併せて使用上の注意は守るようにして下さい。


トイレのつまりの原因

長期間同じ家に住んでいると、予想だにしていなかったトラブルが発生することがあります。トイレのつまりはその代表的なトラブルと言えるのではないでしょうか。用を足した後に水を流すと、いつもと違うゴポゴポという異音が発生し、トイレがつまってパニックになってしまったというかたもいらっしゃるでしょう。

トイレのつもりトイレがつまってしまうのには明確な理由があります。まず1つはトイレットペーパーの流し過ぎです。ウォッシュレットが付いているトイレでしたら過剰にトイレットペーパーを流すこともありませんが、自宅のトイレにウォッシュレット機能が付いていないこともありますので、トイレットペーパーの流し過ぎには注意したほうが良いでしょう。

次に節水のアイデアがトイレのつまりを引き起こすことがあります。水道料金を少しでも少なくしようと節水アイデアを実践するかたもいらっしゃいますが、つまりのみならず、さまざまなトラブルを引き起こす可能性が考えられますので、節水アイデアは実践しないほうが賢明です。

普通に使用していてもトイレがつまることもありますので、こちらでトイレがつまる原因をご紹介すると共に、つまってしまった時の対処法もお伝えいたします。思いもよらないトラブルを目の当たりにすると焦ってしまいますし、水があふれてくるのではないかと不安になるかたも多いと思いますが、冷静に対処すればすぐに改善しますので、こちらの記事をぜひ参考にしてみてください。