節水は節約にならない

最近では、トイレで使用する水の量を節約するご家庭も増えています。頻繁に利用するものですので、その都度発生する水道料金を少しでも減らしたいと考えるのは、当然のことだと言えるでしょう。しかし、トイレの節水は必ずしも節約効果があるとは言えません。節水が原因となって、トイレがつまってしまう可能性が考えられるからです

トイレトイレにあるタンクにペットボトルを入れて、一度に流す水の量を減らすのは代表的な節水アイデアと言えますが、トイレ本来の機能を妨げているアイデアとも言えるでしょう。トイレはタンクに貯められている水を放出して便器内を流す仕組みになっていますので、放出する水の量が少ないとうまく流れ切ってくれないこともございます。

結果として複数回に及んで水を流さなくてはいけなくなりますし、タンク内にペットボトルを入れるとタンクを傷つけてしまったり、水が止まらなくなったりするトラブルを引き起こすこともあるのです。

専門業者に依頼して節水型便器に取り換えるのなら問題ありませんが、タンクにペットボトルを入れる節水法や、トイレの元栓を自分でいじる方法はあまりオススメできませんので、本来の使用方法のまま利用したほうが良いでしょう