流し過ぎはNG

トイレがつまる代表的な原因として、トイレットペーパーの使用量が挙げられます。あまりにも大量のトイレットペーパーを一度に流してしまうと、何度流しても流れてくれない事態に陥ることもあるでしょう。

トイレットペーパートイレの排水管は、S字型のようなカーブを描いています。便器の奥に流れたあと、一度水の勢いに乗じて排水管を登り、また降っていく形になっているのですが、流すペーパーの量が多いと最初のカーブを登り切れず、水がトイレットペーパーと一緒に逆流してきてしまうことから、トイレのつまりを引き起こすのです。

また、排泄物の量も当然ですが毎回一定ではありません。排泄物の量が多いと使用するトイレットペーパーの量も多くなりますし、トイレのつまりを引き起こす原因となります。これらの対処法として、排泄物とトイレットペーパーを同時に流さないクセを付けることが大切です。少量の排泄物とトイレットペーパーならつまる可能性は低くなりますが、二回に分けて流したほうが安全だと言えるでしょう。

お掃除用シートを大量に流したり、トイレに流してはいけない物を流してしまったりしてもつまりの原因になりますので、トイレットペーパーの流し過ぎと併せて使用上の注意は守るようにして下さい。